青猫雑記帳

本とジムと日々色々。

ホラーって何でもアリなん?

リカ
リカ
著者:五十嵐貴久
出版社:幻冬舎
発売日:2013-09-13
カテゴリー:Kindle本

「リカ」読了。
思えばホラーって分野、あんまり読んでいなかった気が。
でもキングが大好きで一時はまりまくった記憶があるから、初めてじゃないはず。
…なせこんな前置きかと言いますと、タイトルのとおり
「ホラーって何でもアリなんですか?」というのがまず第一の感想なのです。
SF分類だと、妙にぶっ飛んだ設定だとか展開は、即マニアックな皆さんによってクレームが来て厳しい「お約束」があるのだなぁと感心?していたものですが、この「リカ」は「ホラー」だから許される(と思われる)設定が山盛りな気がします。


ストーリーは、平凡な中年会社員が出会い系サイトで遊ぼうとして痛い目を見る、って内容。
(すごい要約(^^; )
作者が男性なせいか、男目線の会話やストーリー展開が多いです。
ドンこにさんの書評でも書かれていているように、なぜリカがそんな女性になってしまったのかを掘り下げてくれたら、もっと物語に深みが出たのではないかと思うのですが。
登場する男性たち(やっぱり男多い!)よりは主役?の「リカ」に肩入れしてしまうと書くと、私「キケンな女」でしょうか。
実体としての「リカ」が登場する前の、メールのやり取り、留守電のメッセージなどは共感するものがあります。
身勝手なのは男の方じゃないかな? 下心ありながら、電話がひっきりなしにかかって来た途端に迷惑だからバッサリ切るなんて、そうそう都合よくいくはずないじゃん! 
きっと「リカ」は一途で健気な女性だったんだと思います。その一途さゆえに、裏切られ、踏みにじられた思いがゾンビ化して怪しからん男どもに復讐している…そんな番外編を書いてくれないでしょうか、五十嵐様。
続編「リターン」は未読ですが、そこらへん、書かれていたりするのでしょうか~。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


にほんブログ村
×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。